不妊症・不妊治療について

不妊症・不妊治療について なかなか妊娠できない・・・
赤ちゃんができない・・・
私って不妊症なの?

このような悩みや不安を抱えている人は大勢おられます。現在では10組の夫婦のうち、1組は不妊症として悩んでいるとされ、 不妊症は決してめずらしいことではなく、もっと身近に迫った問題となっています。
こちらでは、不妊症についての基礎知識や女性不妊症、男性不妊症、用語集等を紹介しております。
不妊症・不妊治療についての詳細

AMH(アンチミューラリアンホルモン)

卵子の話

AMH(アンチミューラリアンホルモン)とは、抗ミュラー管ホルモンともいい、発育過程にある卵胞から分泌されるホルモンで、 卵巣予備能(※)の目安となる評価指標とされ、近年話題になり注目されてきております。 (※卵巣予備能とは、卵巣の中に残っている卵子の目安のことです)
AMHについての詳細や、妊娠の主役”卵子の話”をご紹介しております。
AMHの詳細


妊娠・出産された患者様からのお手紙

妊娠・出産された患者様からのお手紙 クリニックノートの”声”
妊娠・出産された患者様の
喜びのお便りなど...

当クリニックでは、クリニックノートを設置しており、患者さまが、不妊治療を通じて感じられた事等の”声”が書かれています。
また、治療を行い妊娠、出産された患者さまのお手紙の一部をこちらでご紹介させて頂いています。 すでに治療をされている方や、これから治療を考えている方も是非ご覧ください。
毎週更新しております。
妊娠・出産された患者様からのお手紙の詳細

特定不妊治療の助成制度

特定不妊治療の助成制度 治療費が不安・・・
助成金制度を知りたい

現在、不妊治療は健康保険が適用されておらず、治療費は大きな負担となっています。
各自治体では不妊治療費の助成金制度を行っており、助成制度の条件の一つとして、不妊治療を行う医療機関が「特定不妊治療費助成事業指定医療機関」である事とされています。
浅田レディースクリニックは、名古屋駅前クリニック・勝川クリニックともに、『特定不妊治療費助成事業指定医療機関』です。特定不妊治療の助成制度の詳細


名古屋市から『幸せ配達人』のメッセージ
幸せ配達人 名古屋市の浅田レディースクリニック

これは患者さまからもらった手紙の一部です。
 私が名古屋大学分院で顕微授精(ICSI)を始めようとしていた時ことでした。大学の廊下を歩いていると、突然私の目の前に一人の女性が立ち止まり、「先生に顕微授精をやってもらえないなら、今、打っている注射を途中でやめます。」と言いました。
 彼女はそれまでICSI以前の顕微授精法で全く受精卵ができず、今回で最後にしようと決意したそうです。
 その後、大急ぎでICSIの機械の準備をし、この女性に私の日本での最初のICSIを施行しました。その時は受精卵はできたものの妊娠には至ることができず、今度は私からこの女性に「もう一度ICSIをさせてほしい」と頼みこみました。
 そして半年後、幸い双胎妊娠となり、その双子が生まれた時にもらったのがこの手紙です。
 その後、「大学の医師」か「直接患者さんに接する医師」かの選択の時、女性からの手紙に書かれていた『幸せ配達人』という言葉のとおり『幸せ配達人』のひとりになりたいと決意し、現在の浅田レディースクリニックが誕生しました。

院長 浅田義正
ページトップ